オリックス銀行カードローン審査

オリックス銀行カードローン審査のポイントや口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどの特徴を紹介しています。

住信SBIネット銀行 オリックス銀行カードローンの口コミ・評判による審査について

オリックス銀行カードローンなら、アルバイト/派遣/パートの方でも借り入れ可!低金利の年3.0%〜17.8%。収入証明書も不要(300万円までの借入の場合)。最大800万円の借入可能。


オリックス銀行カードローン審査のポイントや口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどの特徴を紹介しています。

オリックス銀行カードローンのスペック表

住信SBIネット銀行Mr.カードローン■カードローン名
オリックス銀行カードローン


■申込みいただける対象者
・年齢 満20歳以上〜満65歳未満の方。
・、毎月定期的な収入が見込める方、または、配偶者に安定かつ継続した収入がある専業主婦の方。
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
 ※学生の方もアルバイト等で毎月定期的な収入のある方は申し込むことができます。


■利用する借入額
10万円〜800万円


■実質年率
(実質年率)
3.0%〜17.8%
 ※借入れ利率は変動金利です。適用金利は金融情勢等により都度見直しが入ります。


■月々の返済金額
◎借入があった時の融資残高(元金) 返済金額
30万円以下 7,000円
30万円〜50万円まで 10,000円
50万円〜100万円まで:20,000円
100万円〜150万円以下:30,000円
150万円〜200万円以下:35,000円
200万円〜250万円以下:40,000円
250万円〜300万円以下 45,000円
300万円〜400万円以下:50,000円
400万円〜500万円以下:60,000円
500万円〜600万円以下:70,000円
600万円超:80,000円
※毎月の返済金額はオリックス銀行指定する時点での融資残高に従って{確定されます|決まります|決定されます|変わります}


■遅延損害金
返済を遅滞された場合借入残高によって借入利率+2.1%(年率)の遅滞損害金が{発生します。
{
■借入方法
下記(1)(2)いずれかの方法によりお借入れいただけます。
(1) 債務者の特定口座へのオリックス銀行振込みによる借入れ方法
(2) 提携金融機関のATMによる借り入れ


■返済方法
残高スライドリボルビング方式

下記(1)(2)(3)いずれかの方法によりご返済いただけます。

(1) 貴方指定口座からの引き落としによるご返済
(2) オリックス銀行口座への振込みによるご返済
(3) 提携金融機関のATMからの入金によるご返済
※ 一部、口座引落しにご利用できない金融機関がございます。ご契約時にご確認ください。


■利息の計算方法
付利単位1円とし、1年を365日とする日割り計算とします。



■請求の方法
毎月20日過ぎ、利用明細書が届くか、またはネット会員サービスから見れます。
 ※毎月の返済金額がある場合は、新規の利用がなくても、利用明細書を毎月送ります。


■返済日
ご返済日は、毎月「10日」と「月末日」のうち、あらかじめ貴方にご選択いただいた日となります。
毎月のご返済日(当日が銀行休業日の場合は翌営業日)までに、お借入残高に応じたご返済額をご返済いただきます。

※ ご返済方法について、口座引落を選択されている場合、毎月のご返済日の前日までにご返済資金をご準備ください。


■必要書類
(1) お客さまのお名前、ご住所、生年月日が確認できる書類の写し(いずれか1通)
運転免許証または運転経歴証明書
各種健康保険証
通院歴の記載は、ご家族分も含め塗りつぶした上でご提出ください。
日本政府発行のパスポート
顔写真入りのページと所持人記入欄(氏名・住所)のページをご提出ください。
在留カードまたは特別永住者証明書
(2) 債務者の直近のご年収を確認できる書類の写し(いずれか1通)
原則、ご利用限度額が300万円超の場合に、所得証明書類のご提出が必要となります。但し、審査の結果、ご利用限度額が300万円以下の場合でも所得証明書類のご提出をお願いする場合があります。
@ お勤めの方
源泉徴収票
住民税決定通知書または課税証明書
納税証明書
確定申告書
A 個人事業主・会社経営の方
住民税決定通知書または課税証明書
納税証明書
確定申告書
(3) 預金口座振替依頼書
ご返済方法が口座引落のお客さまのみご提出ください。振込(ATM)返済の場合にはご提出不要です。
【ご注意】
審査の結果、上記書類以外に当行指定の書類をご用意いただく場合があります。
現住所が裏面に記載がある運転免許証、各種健康保険証のご提出の際には、表面/裏面両方のコピーをご提出ください。
上記(1)以外の本人確認書類をご希望される場合には、法定書類であることが要件となります。詳細は別途お問い合わせください。
ご提出いただいた必要書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
外国籍の方で通称名によるお取引をご希望される場合は、別途届出書類が必要となりますので、お問い合わせください。


■提携信用情報機関

一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会相談室
0570-017109 または 03-5252-3772
※受付時間 月〜金曜日9:00〜17:00(祝日および銀行の休業日を除く)

※審査結果次第では、希望する契約した借入枠から減額させていただく場合もあります。
※なお、提出の書類は返却されませんので、予めご了承ください。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

最初に自分の信用情報開示で自分の手の内を確認すれば審査をパスしやすい時期がわかる!

住信SBIネット銀行Mr.カードローンカードローン利用のの審査では、個人の信用情報を基に審査が行われることはご存知でしょうか?
ですが、自身の信用情報には何が書かれているのか、わかりませんよね。

実は自身の信用情報は、信用情報を集積している企業に問い合わせれば閲覧することが可能なのです。
ある意味、自分の信用情報をまず{知る|確認することが{審査{に落ちない|をパスする|お金を借りるためのポイントと{も言えるかと思います|言っても過言ではありません。

日本における信用情報を保存している企業は、主に「全国銀行個人信用センター(全銀協)」「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3つです。
3種類もあると、すべてに開示請求しないとダメ?となるでしょうが、この3社は各社]が独自に信用情報を保持しているわけではなく、各自が得た信用情報を互いに共有しあっています。よって、とりあえずはどこか1つに開示を請求すれば問題ないでしょう。

主に全銀協はオリックス銀行カードローンなどの銀行カードローン、JICCはアコムなど消費者金融、クレジットカード業者や信販業者(ジャックスなど)はCIC、と参照している信用情報機関は違うので、利用したいと考えているキャッシング会社が使っているところを基に選択するのがいいでしょう。
全部見なければ気が済まなであれば、複数に開示の申込みを行っても問題はありません。

開示の申込みしかたとしては、郵送とインターネットから、または実際に信用情報機関を訪問して行います。開示の請求方法に関してや手数料などは各信用情報機関のホームページを参照してください。

さて、閲覧可能な信用情報は主に、住所や勤務先などの「本人に関わる情報」、申込みの事実や延滞・自己破産などの金融事故情報といった「利用状況に関わる情報」の2種類で、審査において大切なのは後者の「利用状況に関わる情報」になります。
ですので、開示した信用情報が到着したら、この「利用状況に関わる情報」の情報を見ますなりますので、通る可能性があがります。
以上のように、申込みをする時期の目安ににもなりますので、請求してみるのも1つの方法です。

 

電話占い オレンジ SEO-P-Link ver3.5 L-012